顔の医療脱毛を受ける時の注意

医療脱毛は多くのクリニックで施術されており、安心して受けることができるものですが、顔の脱毛を受ける時にはいくつか注意することがあります。

注意することを守れば安全にきれいに脱毛できますよ。

・日焼けには注意

黒く日焼けした肌には基本的にレーザー照射はできません。

顔の医療脱毛を受ける前に海やプールで日焼けしてしまったということがないよう、十分注意してください。

私はワキと足の医療脱毛を受けましたが、日焼けする場所ではなかったので大丈夫でした。

しかし、友人がうっかり日焼けして施術を受けに行ったら、その日はしてもらえなかったそうです。

日焼け止めなどでしっかり紫外線対策をしましょう。

▼もしうっかり日焼けをしてしまったら~やってしまった! 日焼けを落ち着かせてくれる自然な方法6

・肌トラブルが起きる可能性あり

顔には皮脂がたくさん分泌されるため、ニキビができやすい場所です。

医療脱毛というレーザー照射で肌に刺激が与えられると、白ニキビのようなできものができることがあります。

これは毛嚢炎というものです。

肌にレーザーが照射され、一時的に肌のバリア機能が落ちたためばい菌が侵入しやすくなり、炎症を起こしてしまうのです。

・毛嚢炎ができたら?

顔に医療脱毛の施術を受けた後、毛嚢炎ができた場合は施術を受けたクリニックへ行きましょう。

炎症を起こしているので痛いかもしれませんが、医師に診察してもらうことで適切な処置が受けられます。

炎症止めの塗り薬が処方されますので、きちんと手当をしましょう。

そうすれば痛いこともなく、早く治りますよ。