顔の医療脱毛はどれくらい痛いの?

医療脱毛を受ける時、嫌だなぁと思うのが痛いことです。

サロンの脱毛よりも高出力のレーザー照射をするため、どうしても痛いのです。

しかし、最近のレーザー機器では、それほど痛いものはないと言われています。

顔の医療脱毛の場合はどうなのでしょう。

・医療脱毛は痛い!本当に?

サロンでの脱毛はそれほど痛みはないと言われていますが、医療脱毛は痛いというのはよく聞きます。

私が受けた時は、痛いとある程度覚悟していましたし、自分自身痛みに強いと思っているのでそれほど痛いと思いませんでした。

でも、友人はVIO脱毛を受けてとても痛い思いをしたと言っていますし、別の友人は顔の脱毛がそこそこ痛かったとも言っています。

痛みがあるというのは本当ですが、痛みの程度は感じ方に個人差があるのではっきりとはわからないのが現状です。

・顔の脱毛で痛いところは

多くの人の体験談から、顔の脱毛で痛いのはおでこ、鼻下です。

顔は皮膚が薄いためにどうしても痛みを強く感じるようです。

おでこはレーザーが照射された時に骨に響くような痛みを感じると言われています。

しかし、我慢できずに途中で止めたという人はほとんど聞いたことはありませんので、あまり心配することはないと思います。

・どうしても我慢できない時は

痛いのがわかっていても、受けてみてどうしても我慢できない場合はどうすれば良いのでしょう。

レーザーの出力を弱くしてもらうか、麻酔を利用するかになります。

出力を弱くすると効果が無くなる可能性があるのであまりおすすめできません。

クリニックには医師が常駐していますので、麻酔を使って施術を受けることが可能ですから相談してみると良いですよ。

▼脱毛はまれにトラブルもあるようです。施術の内容の確認などはしっかりと受けてくださいね。気になる記事~https://mainichi.jp/articles/20170512/k00/00m/040/076000c