ひざサポートコラーゲンで健康生活

Posted on

人間は年齢を重ねていくと体にとって必要な成分が減少傾向になっていきます。

現在日本では高齢化が進み寿命が伸びていますが、寿命が伸びたのはここ一世紀ほどの話であり、以前はそう寿命は長くないものでした。

加齢に伴い体は弱っていくものと考えられていましたが、それは体にとって必要な成分を生産出来なくなってきたのが原因の一つです。

膝などの関節部の軟骨は特に減少が激しく、20歳代と比較すると60歳代では1/4へと激減してしまいます。

その結果膝の曲げ伸ばしをする際に関節の痛みなど感じる事になってしまい、生活の質自体を落としてしまう人も多いのです。

◆膝の痛みに悩む高齢者は多いです→【URL:https://www.kenkou-club.or.jp/kenko_genki_sh36.jsp

体に問題なく歩行が可能かどうか、その点は日常生活を送る上で非常に大切なポイントです。

健康的に生活をしていく為には運動習慣や食生活をバランスの良いものとしていく事も重要ですが、不足している成分を補給する事も大切です。

人間の体は年齢を重ねていくと自然に自分の体を年齢に合っているように調整していくものであり、それが年齢による衰えです。

青汁やビタミンCなど不足している成分を補給する事で年齢による衰えをなんとか抑えたい、そういった願いの元作られた品が健康食品であり、機能性表示食品であるひざサポートコラーゲンもその一つです。

あまり気にしすぎるのも精神的負担になりますのでよくはありませんが、ひざサポートコラーゲンの摂取など膝の痛みなどの悩みに対して改善しようと行動をする事は良い結果に繋がり易いです。

現在ではどうすれば体をより良くしていけるかわかっていますので、出来るだけの事はしていきましょう。


ひざサポートコラーゲンの実績

Posted on

ひざサポートコラーゲンは機能性表示食品という形で販売されており、実際に科学的に証明された成分が含まれています。

ただこの証明は論文などを付加する事であり、実際に消費者庁が確認した訳ではありません。

その為機能性表示食品と明記されてはいますが、実際には信頼性に欠けるという意見も出ていました。

ですがひざサポートコラーゲンの場合、単純に論文を示しただけではなく社内で臨床試験も行われています。

これは病気以外で膝関節痛を抱えている29人を対象にし、ひざサポートコラーゲンを毎日摂取してもらい確認、その結果膝の痛みの改善が見られた人が多数みられています。

ただこれは病気が原因である方以外のケースであり、加齢に伴い膝の関節痛が出てきてしまった人に限られています。

▼膝が痛む原因は色々あります⇒【気になるこの症状】その関節痛、原因は寒さ?それとも病気? 膝・肩・腰の痛み – ZAKZAK

その為病気で膝の関節痛などの症状がある人の場合は効果があるとは限りません。

またコンドロイチンやコラーゲンは本来人に豊富に含まれていた成分であり、ひざサポートコラーゲンはその成分を補給する事で膝の曲げ伸ばしをサポートするものです。

消費者庁が実際に臨床試験を行った訳ではありませんので、信頼性に欠けているという人もいますが、試験では専門医が確認し膝が曲げやすくなった結果が出ています。

人間は複雑なシステムで出来ている生物ですので、軟骨成分を補給するだけで即膝の痛みが改善されるという事はありません。

ですが不足している成分のサポートという意味ではひざサポートコラーゲンは優秀な商品なのです。